2013年10月3日 林 季一郎

「あなたじゃこの山は登れない」だと…

このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます!

さて、いよいよチンボラソ山(6310m)への挑戦の準備に入ります。

しかし、その矢先に言い渡された一言で意気消沈…

さぁ、どうなる、俺の挑戦??

 

………………………………………………………………

初めての方はこちらから【始まりの物語】 【18ヶ月の世界一周を50話でふりかえる】

ブログランキングも宜しくお願いします(^^)↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
携帯の方はこちら⇒にほんブログ村

………………………………………………………………

 

■9月27日

今日は起きても、何だか気分がすぐれないのです。

体はベトベトしてるし、頭はかゆいし。

 

そう俺ら、「お宿 桜子」を出発して以来

実に、一週間もシャワー入ってない!

 

しかも…

 

ずっと湿度の高い海岸線を走ってきて

途中、砂漠に突っ込んで砂まみれになって

リゾート地では、ビーチでのんびりして

 

もう、全身ベトベト。

あぁ、どっか綺麗な川があれば飛び込むんだけどなぁ~

 

だからもう、不快で不快で仕方がないのです。

まぁ、これも車旅なら仕方がないこと。

さぁ、今日も頑張ろっと♪

 

今日やることは

1.チンボラソ山(6310m)挑戦の情報収集と登山ガイドを探す。

2.その資金集め企画用のページを作る。

 

まずは、ガイドブックを便りに旅行会社を探す。

一つ目のところは、

ガイドブックでもおすすめされてるところ。

 

早速、中に入って聞いてみた。

 

俺:「すいませ~ん。チンボラソ登山のことを聞きたいんですが。」

女性担当者:「あ~はいはい。」

 

そして、山の概要、登山計画、装備、費用などの説明を受ける。

親切に色々教えてくれていたのだが、ある一言をきっかけにガラッと対応が変わった。

 

女性担当者:「ところで、あなたは登山経験者ですか?」

俺:「え~と…素人です!笑」

 

女性:「それじゃあ、厳しいと思うわ。」

俺:「え、でも、ボリビアのワイナポトシ(6088m)なら登りましたよ!」

 

女性:「あれとは比べ物にならないわよ、チンボラソは。経験者でも難しい山よ。」

俺:「そうなんですか…。でも、挑戦してみたいんです。」

 

女性:「登頂率は30~40%。ここ数か月、素人で登頂に成功した人はいないわ。それでも!?」

俺:「え。。。」

 

(というか、この人何でこんなに脅してくるんだよ泣)

 

そこに追い打ちをかけるように

女性:「しかも、今は雪の状況が悪いわ。固くて、かなり登りつらいの。」

 

ここまで言われて

「それでもお願いします!」というほどの自信はないので

一旦、退散することにした。

 

はぁ、やっぱチンボラソは難しいのかな…

そう思って、しばらく近くのカフェで日記を書くことに。

 

挑戦が難しいとは言われても

挑戦のための資金集め企画のページは作らなきゃいけない。

だって、採用されちゃったからね(笑)

 

(※旅で稼ぐ企画⇒「世界で一番高い場所に、あなたのメッセージを書きます」

 

そして、昼過ぎ

もう一つの旅行会社に行ってみることにした。

 

地図を便りに、10分ほど歩いて到着。

 

あれっ?おかしいな~

場所はここのはずなのに、オフィスなんて何もないぞ。

 

周りを探しても、見当たらない。

と、その時、ふと別の旅行会社があることに気がついた。

 

 

え、気がついた?

そう、このオフィス、なんか変な感じなんです。

だから、てっきりレストランか何かと思った。

 

とりあえず、おそるおそる中に入ってみる。

 

がら~んとした空間で、何もオフィスらしきものはない。

ただ、おじさんが、木を削ってるだけ?(笑)

 

え、なにここ、大丈夫かよ?

おじさんに聞くと、上の階に行けという。

 

そして、狭い階段を上っていくと

デスクが一つ置かれただけの、フロアにでた。

そこに、白人のおじさんがニコニコしながら座ってる。

 

 

何かここ不気味だな。

軽く情報だけ聞いたら、さっさと出よっと。

 

俺:「あの~、チンボラソのことを知りたいのですが」

おじさん:「ハ~イ!ようこそ!はいはい、チンボラソね♪」

 

先ほどの会社とは打って変わって

満面の笑顔で対応され、席も与えられる。

あ、この人は凄い好い人そうなだなぁー。

 

そこで正直に、この挑戦がそもそも出来るか不安だと伝えた。

すると、返ってきた返事は意外なものだった。

 

ジョン:「ん~そうか。素人でも登れることは登れるさ。それに、何よりこれは「チャレンジ」なんだ。」

 

チャレンジ!おお、それだよそれ!

この言葉にどんだけ勇気づけられたか。

 

さらに、ここの会社は

登山を手配するだけの他の会社とは違って

この人自身がガイドも務めるらしい。

 

というか、カナダ在住のこの人が

単純にアウトドア好きでやってるらしい。

 

どうしよう?ここにしようかな~

 

そして、この人の前の彼女が…

ここのJICAでボランティアをしてた人ということで

まさかの大の親日家。

 

よし、決まりだ!ここにしよう。

そして、二人で登山計画を練っていく。

 

 

一番の問題は、リマ(海抜ほぼ0m)に長い間いたことで

高度順応していた体がどれくらい戻ってしまっているかだ。

 

ネット上の「チンボラソの登頂記」を片っ端から読んだところでは

結局は、高度順応がうまくいったかどうかで勝負が決まるらしい。

 

なので、出来る限り、高度の高いところで車中泊して

体を慣らすことにした。登山計画はこんな感じ。

 

今日(27日) 夜、自分の車で、チンボラソの入口(4400m)まで行き、そこで寝る。

明日(28日) 朝に一旦町に下りて、夜はまた登山口で車中泊。

明後日(29日) 出発。ベースキャンプ(標高4800m)で泊まる。

明々後日(30日) 未明に山頂に向けて出発。午前7頃の登頂を目指す。

 

よし、これで登ることは決まった。

あとは…

 

無い挑戦資金をどうするか(笑)

 

すぐに、挑戦のための資金集め企画のページを仕上げていく。

ただ、ネットがぶつぶつ切れるし、そもそも遅いしで

とにかく、アップできない!

 

モロッコで『世界のバザールで買い物体験 – BUYBY』を作ったときもそうだったけど

こういう時のイライラは尋常じゃない。

 

 

ネットを求めて、店を移動して

そこのネットが切れたらまた次を探す。

 

結局、4軒もハシゴしてやっとアップできたー!

 

でも、この時点でもう夜の8時過ぎてる。

いや、これからチンボラソ山の4400m地点まで登るのか?マジか?笑

 

 

街を出て、ハイウェイを走ること30分

チンボラソのふもとまで通じている山道に入った。

 

 

3200m…3500m…4000m…

 

急な坂道を、ゆっくり登ってく。

低速ギアが唸りをあげながら

ヘッドライトの明かりだけを頼りに暗い山道を走る。

 

それでも窓から横を見ると

暗い中にも、さらにどす黒い山影が見える。チンボラソだ。

 

いや~やっぱデカいな(笑)

暗いから、やたらと威圧感あるし。

 

そして、21:30、ついに登山ゲート(4400m)に到着。

セキュリティの人に事情を説明して、中にある空地に車を止めさせてもらった。

 

 

俺:「あ、明後日、チンボラソに登るんです!そのために高さに慣れなきゃいけないんです。」

係員:「そうか。それなら泊まればいいよ。あそこの水とかも自由に使ってくれ。」

 

 

 

車から外にでると、思ったほど寒くないので驚いた。まったく凍えるほどじゃない。

この地点でも、富士山の山頂よりも700mは高いのに

おそらく氷点下もいってないんじゃないかな?

さすが、赤道付近だけあるね。

 

ただ、遮るものが何もないので、風はやたら強い。

少しでも外に出ようもんなら、手がかじかんで痛い。

 

それで、急いで車に戻ったら

もうそれだけで、息が切れてる。

あまり意識はないけど、やっぱり空気は薄い。

 

夜空には、まさに満点の星空。

そのすぐ下に、チンボラソのどす黒い影が見える。

 

あぁ、3日後にはあそこを登ってるのかと思うと

正直、今の時点では、ワクワクよりもはるかに不安の方が大きい。

 

あとは、この数日で、どれだけ気持ちを高められるかだね!

おやすみ!

 

 

ただ、高地順応のためにも、すぐに寝たら駄目なので

この日記を書き終えてから、夜11時に就寝。

 

(※寝てる間は酸素をそこまで必要としないから

高い所に来てすぐ寝ちゃうと、空気の薄さに体が慣れないのだ。)

 

いよいよ始まった標高6310mへの準備。

さぁ、どうなる俺の挑戦??(つづく)

 

最後にこちらもお願いします(^^)

最後まで読んで頂いて、本当に有難うございます(^^)

よろしければ、こちらの応援クリックもお願いしたいです!

一日一回までクリックできて、クリック数に応じてランキングが上がる仕組みです↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
携帯の方はこちら⇒にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. かたやん より:

    こんばんは。
    非常に参考になりありがたく読ませて持っています。

    もう少し情報がほしいのですが協力いただけないでしょうか?
    どうぞよろしくお願いします。

    ・チンボラソ登山で利用したショップの名前と地図をいただけないでしょうか?
    ・チンボラソの登山口ゲートは門になっているのでしょうか?ほかに入山できるゲートや場所はありましたか?

  2. 登山帽 より:

    どうしちゃったの~?
    ここ数日 更新されていないので、案じております..
    登山挑戦してみたら に軽く一票いれてしまい、ただ今、激しく後悔中…
    TwitterもFacebookもしないので、様子がわからないのですが、
    お元気ですかーーーーーーーーーーーっ?

    • kitchen040 より:

      登山帽さん

      こんにちは、林です!
      すみません、変なところで更新止まってしまい、ご心配お掛けしました。
      実は、チンボラソ挑戦後、アマゾン地帯に入っていましてネットが使えない状況でした。

      この通り無事でピンピンしてまーす(^^)
      これから続きをまたアップしますね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">