2013年12月29日 林 季一郎

逆転の電話が鳴る~車を持ち帰る!~

このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。。

シリコンバレーの弾丸1200kmとんぼ返りから一夜あけ

というか、そのまま徹夜で朝をむかえました。

 

さぁ、今日は朝からブログ読者さんにお会いしにいきます!

と思ったら、まさかのシリコンバレーのエンジニアさんでした(笑)

 

そして、車の輸送に関して、事態は急展開していきます。

 

………………………………………………………………

1000人の夢 ⇒ 「1000人の夢応援企画やってます!」

初めての方はこちらから ⇒【始まりの物語】 【世界一周あらすじ】

ブログランキングも宜しくお願いします(^^)↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
携帯の方はこちら⇒にほんブログ村

………………………………………………………………

 

■12月23日 ハリウッド

 

待ち合わせの、ユニバーサルスタジオのハリウッドへ向かいます。

 

DSCN0718

 

冷静に考えて、ロス自体の観光は一切してないので、これが初めてのハリウッド。

を、通過(笑)

 

そして、到着しました「シェラトン・ホテル」

 

こんな高級な感じのところで、朝食をご馳走して下さるなんて

一体どんな人なんだろう~?

 

そして、ご連絡を頂いていた富士さんとご対面。

 

DSCN0721

 

ぎょ!何かめっちゃイカツイ。。。

 

それもそのはずで

このご兄弟は全員、柔道家なのです。

しかも、全日本レベルの!

 

ちょっと、想像してたイメージと違いました(笑)

でも、この猛者に囲まれてる雰囲気

レスリング時代を思いだして、ちょっと懐かしいかも。

 

特に妹さんなんて、ロンドン五輪の代表候補だったといいます…

ど、どうしてこんなスゴイ人たちがここに?

 

と思って聞いてみると

なんと、長男のだいすけさん(写真左)がシリコンバレーでエンジニアをしてるらしい!

 

え!柔道家がシリコンバレー!?

 

意味が分からないですよね。

というのも、普通、レスリングとか柔道の強い人というのは

警察、自衛隊とか、ALSOC警備保障とかそういう企業に入るのが一般的なのです。

 

しかし、だいすけさんの場合、小さい頃から機械いじりが好きで

中学で柔道日本一になるかたわらで

パソコンでプログラミングに熱中していたらしい。

 

でも、なんと高校の初めに大事故に遭い、片足を大けがしてしまう。

しかし、そこで諦めるような場所ではないらしいです、柔道一族富士家は。

で、どうしたかというと

片足は曲げられないにもかかわらず、気合いで上半身を鍛えまくり勝ち続けたそうです(笑)

 

それでも、やはりその状態では難しいということで、大学を柔道推薦で入りながらも、電子工学を専攻したそうです。

普通はスポーツ推薦ならスポーツ科とかなところを異例中の異例、というか、前例がなかったそうです。

そして、卒業後は日本のIT企業に入り、現在はシリコンバレー支社に転勤しているそうです。

 

こんな人が世の中にはいるんですね。。。

凄すぎる。。

 

でも、それによりも衝撃的だったことがあります。

シリコンバレーでの働き方が、日本とあまりに違うことです。

 

いくつか挙げてみると…

 

・会社は仕事学ぶところではない。自分のスキルで成果をだし、会社に利益をもたらす場所

・だから、入社形態は基本的に中途採用

・面接では「自分の貢献できること」と「給料」のプレゼンをするらしい。それが会社の利益になると判断されたら採用

・クビは日常茶飯事。でも、日本みたいにネガティブなものじゃなくて、ステップアップの一つ。そもそもシリコンバレーで働けるなら、企業からは引く手あまただとか。

・「事前通知なしで解雇してもよい。逆に、事前通告なしでこちらから辞めてもいい」という誓約書を入社時に書くらしい!

 

このシステムすごすぎる!!

個人の持っているスキル・知識を一つの経営資源として交換していく感じ?

なんかめっちゃ効率的じゃん!?

 

DSCN0719

 

さて、そんな朝食会も終わり、富士さんご兄弟と別れて次に向かうは…ゴールの海岸!

 

と、ここで一本の電話が入りました。

 

あ、船の輸送をお願いしている方からだ。

しかし、ここは既に「通関は難しい…」と言われていたところ。

駄目だったという連絡だろうか。

 

自分:「あ、もしもし~」

 

その方:「Goodなお知らせですよ!今すぐ、税関に向かって下さい!そこである書類をもらって!今すぐに!」

 

自分:「えーーーー!!!!マジですか?

ホントに有難うございま!速攻で向かいます!」

 

電話を切る。予定を全て変更して、急きょ税関へとダッシュ!!!

 

ん?でも、税関ってどこ?(笑)

 

DSCN0782

 

場所を教えてもらい、ようやく到着。

 

DSCN0784

 

そこで言われた書類をゲットして、すぐに船会社へとダッシュ!

そう、アメリカの企業は今日で仕事おさめなんです!

だから、今日全てが終わらないと、マジまたアメリカに戻ってこないといけない…

 

DSCN0787

 

一度来たことのある、日系の仲介会社INTERLINE

 

DSCN0788

 

担当者の方を待つ。

 

DSCN0792

 

無事書類手続きは終了。

と、ここである忠告をされる。

 

担当者:

「くれぐれも、車のオイル漏れだけはなしでお願いします。

それがあると、船に積載拒否されますから」

 

あれ?確かデリカって…

 

DSCN0793

(最後に会社の皆さん♪)

 

実はデリカはオイル漏れしてるんです。

しかも、ガッツリと!(笑)

 

急遽、南雲さんのお知り合いの車屋さんで応急処置をしてもらいに行きます。

 

DSCN0795

 

久々のデリカのチェックですね。

ボリビア以降、お金なくてオイル交換すらしてないですから。

 

DSCN0796

 

じ~と底を見つめるノボさん。

 

自分:「あの~、大丈夫ですよね?何とかなりますよね?」

 

DSCN0799

 

まだ見つめ続けるノボさん。返事がない。

そして…

 

ノボさん:「あー、これはアカンね!深刻すぎるわ(笑)」

自分:「え~~~(泣)どうなってるんですか?」

 

ノボさん:「!”#$%&’()」

(いや、車のこと何も分からないんです。。。)

 

DSCN0797

 

とにかく、何か重要なものがぶっ壊れているらしく

それを直すには何十万円もかかるらしい。。

嫌だぁ~~~~~~!!!!!

 

DSCN0802

 

ノボさん:「でも、一つだけ方法があるよ。」

 

自分:「え、本当ですか!?」

 

ノボさん:「底をスチームで洗ってオイル漏れを綺麗にして

あとは、とにかく車に乗らず、トレーラーみたいので車を直接港に運びこむんだ。

そしたら、ダマシで載せてくれるかもしれない。」

 

え…それってあれですよね。

賭けってことですよね?

 

ノボさん:「でも、もうそれしかない。」

 

DSCN0803

 

気を落ち着かせて、まずは記念写真を♪

そして、決めました。

 

デリカ、ダマシで船に載せます!

いや、正確には、船に積みこむ時にオイルが垂れないことを…

祈ります!(笑)

 

さぁ、マジでどうなるんだデリカの帰国は!?

 

DSCN0810

 

とにかく、お世話になりましたノボさん!

 

DSCN0807

 

ちなみに、この辺りは「リトル・トーキョー」というエリアで

本当に日本っぽい建物や看板がそこらじゅうにあります。

 

DSCN0808

DSCN0811

DSCN0812

DSCN0814

DSCN0815

 

その夜、ずっとメールでやりとりさせて頂いていた南雲さんの奥さまが

日本から戻ってこられました。

ということで、何やら凄いところにご馳走に連れていった下さいました。

 

DSCN0819

DSCN0820

DSCN0822

DSCN0826

DSCN0827

DSCN0828

DSCN0835

DSCN0837

DSCN0844

DSCN0846

DSCN0850

DSCN0853

DSCN0861

DSCN0862

 

人生最大の肉を食いました(笑)

 

DSCN0864

DSCN0867

DSCN0874

DSCN0882

(左から、南雲さんの奥様、僕、次女の紀子さん、南雲家で部屋を間借りしているハリウッドの脚本家さん、隆、ご主人)

 

いよいよ、明日でロスも最終日です。

準備間にあうかな。。

 

 

ラストに向けてお願いします!

最後まで読んで頂いて、本当に有難うございます(^^)

よろしければ、こちらの応援クリックもお願いしたいです!

一日一回までクリックできて、クリック数に応じてランキングが上がる仕組みです↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
携帯の方はこちら⇒にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">