2013年11月6日 林 季一郎

本気で日本に帰りたくなる3パターン

このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます!

メルマガ開始から一週間あまりですが

400人以上の方に登録して読んでもらえて、本当に嬉しいです!!

 

いよいよ、LOOK最後の企画「僕らの夢の完結、そして次の挑戦者へ」

をメルマガ内で始めていきます。ぜひ楽しんで行きましょう!

 

メルマガの詳細はこちら

⇒ 「メルマガで本当に伝えたいこと」

 

さて、今日は皆さんからのご質問にお答えします。

「日本に帰りたーい!布団で寝たーい!と思ったことは?」です。

 

………………………………………………………………

初めての方はこちらから【始まりの物語】 【18ヶ月の世界一周を50話でふりかえる】

ブログランキングも宜しくお願いします(^^)↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
携帯の方はこちら⇒にほんブログ村

………………………………………………………………

 

まずは、いきなり答えから。

 

質問①「日本に帰りたーい!と思ったことは?」

回答①「あります。」

 

質問②「布団で寝た―いと思ったことは?」

質問②「一回も無いです。」

 

 

それでは、一つずつ説明していきます。

 

まず、日本に帰りたーい!病にはよくかかります…

たいてい、この3パターンのどれかの時に発症しますね。

 

あまりに過酷な状況の時

・体調が悪くなったとき

・目的を失いそうになったとき

 

 

アフリカでは本当に帰りたかった…

日記でもよく書いていますが

とにかく車中泊をする僕らは、暑さにめっぽう弱いんです。

夜が寝れなくなって、体もべとべとで本当にストレスがたまるから。

 

で、アフリカ西海岸ガーナの夜はというと…

 

夜中でも、気温40℃湿度80%

そして車内に入ってくる蚊の大群が体にまとわりつく。

クーラーの効いたカフェから、一歩外に出れば

 

「うわっ!」って叫びたくなるような、熱い空気に包まれ

「うっ…。」と一瞬息ができなくなる、感覚に陥ります。

 

もちろん、車のドアは全て全開で寝ます。

でも、寝れません。とにかく蚊が凄いんです…

 

蚊対策はどうした?ちゃんとやってんのか!

 

いや、やってるんですよ…

でも世界最強のアフリカの蚊に、日本の常識は通用しません。もー無意味!

 

例えば…

 

①日本の生んだ最強殺蚊マシーン「蚊取り線香」!

頭のいい奴らは、蚊取り線香が切れるまではずっと車内のどっかに隠れます。

そして、切れたと同時に猛アタックを開始してきます。

 

②日本の生んだ最強殺蚊マシーン「ベープ」!

アフリカ最強の蚊の前では、そんなものは無です。

もはやベープの上に蚊がとまってました(笑)

 

こんな環境で、徹夜の日々が続き、みんなのストレスも限界に。

それに加えて、道が悪すぎて前に進めない、ビザが発給されず一ヶ月の待ちぼうけ

資金が底を尽く焦り、ロクに食べる物もない、悪徳警官・悪徳役人との壮絶な闘い…

 

 

 

「日本に帰りたーい!!」

 

 

 

だから、日本に帰りました。笑

無事アフリカを縦断して、船を南米に輸送する間一時帰国。

 

 

マラリアにかかった時…

旅先で風邪をひいたり、病気にかかる時というが

一番多い、日本に帰りたーい!パターンだと思います。

 

僕はガーナで案の定マラリアにかかったので

マジで日本帰りたーい!と思ってました…

 

ただ、こういう場合は、調子が戻ればそんな気持ちはなくなります。

復活すると、逆に反動でめっちゃ楽しくなりますから。

 

 

俺って何の為に旅してんだろ…

これが一番深刻な症状。

いわゆる、長期旅で絶対にやってくる「旅に飽きた…」というやつで

これが発症すると、何もする気が気なくなり、観光とか一切せず

ただ宿でダラダラと過ごすことになる。つまり、「沈没」という現象です。

 

僕も、ヨーロッパで一回これにかかりました。

それまでのロシア・中央アジアの異世界な空間とは違って

なんか街並みも洗練されてて日本とあまり変わらない。

 

だから、面白くない。

観光する気力もない。

肝心のスライドショーも面白いものが撮れない。

 

お、おれ、何やってるんだろう。

 

Facebookを見ると

一緒に卒業した同期たちが

仕事で頑張ってる姿やリア充してる写真がどんどん流れてくる。

 

俺はというと、

ヨーロッパに来ていながら、ただ車の中で寝てるだけ…

 

あぁ、何のために世界一周してるんだろう。

これなら普通に就職した方が良かったかもしれない…

 

 

 

「日本に帰りたーい!!」

 

 

 

でしたね(笑)

 

今になって思うのは、結局こういうのって、どこかで無理をしてるから

本来は楽しいものも、楽しめなくなっちゃってるんだと思います。

 

旅だから観光しなきゃとか、折角の海外だから現地の人と交流しなきゃとか

そう思って、どこかで無理をするから疲れてしまうんだと。

 

やっぱり、遊ぶのにも、楽しむのにも、エネルギーが必要です。

だから、それ以降は、本当に「その時」やりたい事をやる、ということにしています。

 

例えば、本を読みたいときは、一日カフェにこもったり

パソコンで何かサイトを作りたいと思ったら、一日それに時間を使ったり。

 

そうすることで、不思議とまた

観光したーい!誰かの話を聞きたーい!とか思うようになります。

観光&交流エネルギーがたまるんですね。

 

 

布団で寝たいと思ったことは一度もない

これは本当に無いです。

僕の感覚では、デリカの車内は「リトル日本」ですから(笑)

 

車の中は、もちろん僕らしかいないし

日本語が飛び交って、日本の製品があって、さながら、車の中は日本の自宅

もう日本の世界が車の中に凝縮されているんです。

日本をスモールにしてそれを海外に持っていく感覚!

なんかワクワクしてきませんか?海外なのに、日本!って。

 

「こんな車内で生活していて疲れないか?」とよく聞かれますが

これが、本当に、全く疲れないんですよね~♪

 

この狭~い感じが、もう居心地が良すぎてたまらない。

たまにホテルとかに泊まると、逆に疲れるくらいです。

 

以上!

 

 

※質問がある方こちらまでどうぞ

【車で世界一周している僕らに質問してみませんか?】

 

 

最後に切実なお願いがあります!

最後まで読んで頂いて、本当に有難うございます(^^)

よろしければ、こちらの応援クリックもお願いしたいです!

一日一回までクリックできて、クリック数に応じてランキングが上がる仕組みです↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
携帯の方はこちら⇒にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">