2013年10月14日 林 季一郎

アマゾンでピラニアを釣ってみる

このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 10月5日 朝8時

朝から、ピラニアを釣れるスポットを聞いて回ります。

1時間ほど探してようやく、釣れる“らしい”場所の情報をゲット

車に戻って、早速隆に報告。

 

俺:「やっと分かったぞー!ピラニアが釣れる場所!」

 

すると…

 

隆:「ん~、釣りはできないかも。昨日指切って痛い。」

 

一応確認しておくと

隆のこの旅最大の目標は「アマゾンでピラニアを釣る」こと。

 

俺:「なぬぬ!でもここまで来たら頑張ろうぜ(笑)」

 

とりあえず湖まで行ってみることに。

………………………………………………………………

初めての方はこちらから【始まりの物語】 【18ヶ月の世界一周を50話でふりかえる】

ブログランキングも宜しくお願いします(^^)↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
携帯の方はこちら⇒にほんブログ村

………………………………………………………………

さて、目指すのは「Lago San Pedro(サン・ペドロ湖)」

噂によれば、ここにはピラニアもいれば、昨日遭遇したワニ(カイマン)もいるらしい。

ふふふ、あわよくば両方…

 

IMG_0176

 

途中で幹線通りから外れて

20分ほど走ると、湖が姿を現しました。

 

5 (2)

 

おお!

ジャングルのど真ん中がぽつ~んと開けて

見事な鏡張りによって、あたかもそこも森かのような

 

まさに自然の作りだす芸術。

 

隆:「ここだよ、ここ!こういうところを求めていたんだー!」

 

5 (3)

 

何より、ここは自然公園でもないので

自由に釣りもしていいらしいのです。

早速、隆がピラニア釣りの準備に入ります。

 

5 (4)

5 (5)

 

そして、いざ、投入~~!!

 

5 (6)

 

あれっ?

でも、隆、釣竿は使わないの??

 

隆:「いや、さっき確認したら壊れてた。」

 

なぬ~!まさかのここぞって時に…

というわけで、今回は「手で糸を垂らすタイプ」

 

でも、そんなんでピラニアって釣れるのか…笑

 

5 (9)

 

隆:「あ、釣れた。」

 

だぁあー!マジでいきなり釣れた―ーー!!!

 

※では、動画でどうぞ!

【旅を追う】「アマゾンでピラニア釣り」

 

側でみていた地元の嬢ちゃんも興味津々。

 

5 (7)

 

しかし、この様子を見ていたそのお母さん方が

「ちょっと、私たちにもやらせてくれない?」

と言い出した。

(この二人↓)

 

5 (8)

 

そして、隆手製の釣糸&棹(リール無し)を渡すと…

 

5 (11)

 

2分後…

 

またいきなり釣れたーーー!!!

 

5 (10)

 

いや、こっちも釣れてる~~!!

 

しかも、ポチャン…クイっ…ひょいっと!

とめっちゃ釣ってる(笑)

 

5 (12)

5 (13)

 

まさかのこの二人。

ピラニア釣りの達人だった…

 

そして、気がつけばいつの間にか

二人がどんどん釣って、肝心の隆はその餌つけ係になってた(笑)

 

とここで、この施設の職員の人が

ボートを出すと言うので、すかさず便乗することに。

 

5 (14)

5 (15)

 

で、最後はカンパ~イ!(サリュー!)

 

5 (21)

5 (22)

 

車旅のシャワーの浴び方~川に飛び込む編~

3日間滞在した、オリエンテ(アマゾン地帯)とこれでおさらばです。

さすがにこれ以上は気候的に厳しいので、過ごしやすい山岳地帯へ。

 

5 (18)

 

で、その途中にいい感じの川を発見したので

最後のシャワーということで、いざ飛び込む!

 

5 (19)

 

ふむふむ。なんか魚もいるっぽいし多分綺麗なんでしょう。

いざ!

 

5 (16)

5 (17)

 

ガソリンがなくなる。さぁどうする、隆!?

そして、先を急ぐ俺ら。

運転は隆なんだけども、横で見ていて

多分そろそろガソリンも無くなりかけている頃。

 

辺りは真っ暗、案の定、次の町に差し掛かったところで

少し迷ったのち、隆は町中に入っていった。

ここでガソリンでも探すのかな?

 

しかし…

 

町中には、はっきりとガソスタと分かるようなものはない。

まぁ、そうだろう。こんな山間の小さな町だ。

 

でも、だいたいこういう小さい町では

絶対にどこでも、個人でガソリンを売ってるところはあるもの。

 

でも、ゆっくりと町を巡回したのち

なんと、そのまま町を出ていく隆。

 

(え、どうするんだ…!?)

 

普通なら、町の誰かに「ここにガソリンはないの~?」とか

ないとしても、「一番近い次のガソリンが手に入る場所は何キロ先か?」

とか確認した方がいいところ。

 

(それなのに、誰にも何も聞かずに町を出ていく様子)

 

でも、こんな山奥の辺境地帯だ。

少なくとも、現在地を紙の地図で確認して

次の町までの距離くらいは確認した方が…

 

そう思ったけど

眠かったし、まぁいいやーと思って

そのまま見てることにした。

 

IMG_0200

 

それで、見てると本当に町を出たからびっくりした(笑)

そのまま暗い山道にまた入っていく。

 

このあとガソリンを手に入れる当てはあるのだろうか?

次の町まで何キロか把握してるのだろうか?

 

あぁ、もう俺は知らん。寝る(笑)!

 

そして、30分程走ったところで

 

隆:「よし、引き返すわ。」

と言って、今来た道を戻りはじめた。

 

ここにきて、さすがにヤバいと思ったので

「ちょっと待って、地図確認するから」と伝えて現在地を確認した。

 

すると、やはりさっきの町が、地図に載ってる最後の街で

あとは、目的地の国境の町「トゥルカン」まで80キロはある。はぁ…

 

午後6:30、さっきの町に戻って今日はここで終了。

明日の朝市で出れるように、ガソリンを売ってるおばさんを見つけて

明日の朝市で売ってもらうように、話をつける。

 

一日終わり。あぁ、日記かかなきゃ..

 

最後にこちらもお願いします(^^)

最後まで読んで頂いて、本当に有難うございます(^^)

よろしければ、こちらの応援クリックもお願いしたいです!

一日一回までクリックできて、クリック数に応じてランキングが上がる仕組みです↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
携帯の方はこちら⇒にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">