2013年12月15日 林 季一郎

最後の指令とアメリカ入国!

このエントリーをはてなブックマークに追加

■12月8日

外の風切音が車内にまで響く。

あまりの寒さに、はっと目が覚めた。

午前6:30、もう寝れそうにないな。

 

そんなに風が強いのかと外に出てみると

どうもドアの隙間から入ってくる音だったらしい。

ちゃんと閉まってるのに、お前もボロボロだなぁデリカ…

 

 

デリカを出て、とりあえず店の中に入る。

とにかく熱いコーヒーで冷え切った体を温めなくては!

ふぅ~、生き返る。。。

 

ふと外を見てみた。

荒涼とした茶色の大地に、一本の道が真っ直ぐにのびている。

 

ずっと走るのに必死であまり考えてなかったけど

冷静になってみると、この一週間で随分と景色も変わったぁ

パナマの熱帯雨林から、メキシコの砂漠地帯へ。

 

いや、ロシアからアジアへ、アジアから中東へ、中東からヨーロッパへ

ヨーロッパからアフリカへ、アフリカから南米へ。そして、南米からここまで。

いつのまにか、「人にどこから来たのか?」と聞かれて答えるのも一苦労になってきた。

 

日本から来たというと、船でロサンゼルスまで運んだのか?と聞かれるので

その度に「いや、反対側を通ってきたんだよ、地球の。」と答えてもすぐには理解されない。

 

そんな時、随分遠くまできたなぁ~と思う。

でも、不思議なこと、日本から離れれば離れる程

今は逆にどんどん近づいてく。

 

そして今日、最後の国アメリカに入るんです。

 

そう思うと、急に興奮してきたぞ。

冷めたコーヒーをぐいっと飲み干して、外へと飛び出す。

 

さぁ、行こう。アメリカだ。

 

しかし、その前に一つすることがあるんだった。

これまでいくつか達成してきた、読者からのリクエスト。

その最後の指令を果たしに…

 

「マフィアの巣窟、シウダーファレスの十字架の丘を登れ!」

 

………………………………………………………………

1000人の夢 ⇒ 「1000人の夢応援企画やってます!」

初めての方はこちらから ⇒【始まりの物語】 【世界一周あらすじ】

ブログランキングも宜しくお願いします(^^)↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
携帯の方はこちら⇒にほんブログ村

………………………………………………………………

 

最後のリクエストは一年以上前にもらったもの。

 

「5年前にメキシコのシウダーファレスに行ったときに名前を書いた十字架。

今どうなっているのか見てきてほしい!!」

 

ちなみに、このリクエストをくれたのはまさかの友達(笑)

そしてこの為にわざわざ時間をかけて内陸までやってきてるのです。

なんなら、ガソリンと高速代で軽く2万円はかかってるからね!

 

それでもこれは絶対に応えたいリクエストなんです。なぜか?

このリクエストをくれた友達がその十字架の丘に登ったときに

実は一緒に登ったやつがいたんです。

 

もう一人のやつ。

 

そう、僕です(笑)

 

5年前の大学1年の春休みにそいつと一緒にアメリカをN.Yからロスまで横断した時に

記念にメキシコに入って登った場所なんです。

 

だから、絶対に見てみたい。

何よりアメリカに入る前に、丘の上から2つの国を一望してみたい♪

 

 

ただ実はこの街、とんでもなく評判が悪い。

 

なにがというと治安が終わってるらしい…

具体的に言えば、マフィアの抗争の地。

それも「ing」付きの現在進行形の「なう」で。

 

つまり結構ヤバい場所にあるんだなぁ~これが。

 

しかし!南アフリカのヨハネスブルクのように日中でもヤバいかといえばそうではない。

日中は普通に活気があって、平和な感じなのです。

というわけで、一瞬で登って戻ってくることにしましょう!

 

8 (47)

 

手前のガソリンスタンドにて。

メキシコ北部、めっちゃガソリン安い!(1L=80円)

タイヤの空気も入れて準備は万端。

 

8 (48)

 

そして、登山口ポイントという名の、ただの民家に到着。

ここまでは5年前と全く変わっていない。

 

8 (36)

 

先日のピラミッド登山の悲劇がある隆は今回はパス。

頂上で一緒に撮るスポンサーさんぬいぐるみをリュックに入れて

急いで戻ってくる約束をして出発。

 

8 (49)

 

案外近そうに見えて、結構きつい…

体力が衰えたのか?

 

って、痛っ!!!!

 

8 (50)

 

やっぱりお前か…

そして最後の岩壁に到着。

 

8 (51)

 

ん?こんな急なところ前回はどう登ったんっだ。。

後ろに回っても他に道はない。

仕方がないから、強引に登っていくか…

 

8 (52)[6]

 

もう少し…(つか滑ったら死ぬ)

 

8 (53)

 

そしてついに!

 

8 (58)

 

来たーーーー!!!!

 

5年ぶりの登頂。そしてこの景色…

 

8 (56)

 

さすがに前回とは比べ物にならないものがこみあげてくる。

なんたって、あの横に走る一線(↑の写真の)の向こう側はアメリカ。

20ヶ月間、来る日も来る日も夢見てきた最後のアメリカなんだから。

 

8 (54)

8 (57)

8 (35)

 

よし、これで全てのリクエストは終わり。

そろそろアメリカに入ろう。

 

8 (37)

 

と、その前に腹ごしらえに最後のタコスを♪

 

8 (38)

8 (39)

 

というより、タコスもこれで食いおさめということで

目標は、もう見るのも嫌になるほどに食う!一点集中

あとでもっと食べたいな~なんて一ミリも思わないほどに腹に詰めこむ。

 

8 (40)

 

大量にスパイスも入れる。辛いのが好きだからじゃない。

無料だから(笑)

おじちゃん。もう一皿おかわり♪

 

8 (41)

8 (42)

 

午後1:30

ついにやってきました。アメリカ国境。

そこはアメリカに入ろうとする車でとんでもない渋滞に!

 

8 (43)

 

な、なんだこの渋滞は…

数十センチずつ、ゆっくりゆっくりと進んでいく。

それが橋の向こう側までずっとだ。

 

8 (44)

 

渋滞待ちの車相手に物売りの人たちがどんどんやってきます。

巻き巻きチュロス売りのおじさん。

 

8 (45)

 

おー!ついにアメリカの星条旗が見えてきました!

あまりに遅いので車を降りて先に国境線へ。

 

8 (3)

 

ま、眩しすぎるぞアメリカ…

 

8 (11)

 

ついに57カ国目にして、最後の国アメリカに一足先に入国~~~!

 

8 (46)

 

まだ少し後ろのデリカと隆(笑)

あまりにテンションが上がってしまい、国境線上で写真撮りまくってみました。

 

8 (31)

 

だぁああ~~~~!!!!

そして、これを見ていた周りの人たち

なんと次々と車を降りてデリカの方に集まってきました(笑)

 

8 (33)

8 (23)

 

通るついでに物売りの人もサインしていきます♪

 

8 (26)

8 (1)

 

ずっと横に並んでいた家族。

そこら辺のお菓子を買って差し入れてくれました♪

 

8 (2)

 

そしていよいよ後数メートルでデリカもアメリカIN!

 

8 (19)

 

ということで…

 

DSCN9835

 

スポンサーさんのぬいぐるみも一緒に写真を撮りまくる!まくる!

 

8 (17)

 

謎のおっさん「俺も入れてくれよ!」と急遽カットイン!

 

8 (30)

 

そして、本当にあとわずか!

デリカの周りの人だかりも増えてきた。

 

「見てるなら、撮ってよ♪」

ということで、おばちゃんに撮ってもらった。

 

8 (22)

 

え、隆が…

そして、結局これが二人で映ってる唯一の写真に(笑)

 

8 (13)

 

そして、ついに、ついに、デリカ&隆&オレ

アメリカ入国。

8 (34)

8 (5)

 

やっぱり眩しいぞ、星条旗。

しかし、大変なのはここからだった…

 

 

まず、メキシコからアメリカに入国する車のチェックが半端ない!

一台一台、犬、人、機械で徹底的にチェックしていく。

それだけ麻薬の密輸入が多いんだろうけど、これは渋滞するはずだわ…

 

そこにいきなり、まっ黄色な意味不明なワゴンが登場したもんだから

警察のおばちゃんはパニック!笑

 

おばちゃん:「あらまぁ。これはどういうことかしら!?」

俺ら:「日本から来ました。」

 

あばちゃん:「まぁすごい!私の人生最大のハイな出来事だわ!」

 

そういってあたふたしだした(笑)

 

おばちゃん:

「どうしましょ、どうしましょ。こんなナンバーの車を受け入れるシステムがないわ。

なんたって、こんなのは初めてのことですもの!」

 

後ろの車も待ってるし、さらにあたふたするおばちゃん。

そして、無線に向かって叫んだ。

 

おばちゃん:「誰か助けにきて!すごいのがジャパンから来たわ!」

 

俺らはテロリストか…(苦笑)

 

そして、ぎらつくサングラスに重装備の男たちがやってきた。

さらがらハリウッド映画のワンシーンのような迫力。

その男たちが言う。

 

「お前は柔術かなにかやってたのか?」

 

「いや、レスリングです…」

 

「そうか、俺らもみんなレスリングをやっている。ほら、俺も耳が潰れている。」

 

柔道と一緒でレスリングでも耳が潰れるんです。

そして耳が潰れてる者同士、相手も耳が潰れてると妙な親近感を抱くというはあるある(笑)

 

「そっか~アメリカはレスリング大国ですもんね。

実は学生時代はミシガン(米)の子たちと一緒に練習したりしてたんですよ♪」

 

だんだん雰囲気が良くなってきた♪

 

もう一人の男が言う。

 

「ワタシハ、ムカシ、ニホンニスンデイマシタ!」

 

(なぬ!片言の日本語!)

 

「そうなんですか!どこですか?」

 

「オキナワ。あそこは本当に綺麗な海だったよ♪」

 

「あー米軍基地ですね!」

 

すると、他の何人かも自分も沖縄にいたという。

意外なところで日本の話がでてくると嬉しくなりますね♪

 

そして、ついに入国審査を終えて、アメリカに入国~~~!!!!

※ちなみに色々問題があって一回メキシコに戻ったため、入るのに5時間もかかった..

 

【陸路でアメリカに入る方への注意】

メキシコから陸路でアメリカに入る場合、ESTAとは別の登録が必要です。ですので、ESTAは不要です。この登録は国境で簡単にできます(費用6ドル)。

 

 

アメリカに入ってまず言えることは、とにかくホッとしますね。

この車で入国できるのかという不安がなくなったのもありますし

何より、先進国としての安心感がすごく大きい。

 

もちろん他の国が未開社会とか言わないですが

それでも警察が終わってたり、道が終わってたりと

周りのすべてが不確実な世界にいると、猜疑心といったものが常にある。

 

それがアメリカに入った途端に

自分が見えない何かに守られている気がしてくるんです。(え。錯覚..?)

 

それでも、アメリカに入ってビックリしたことです!

 

①道路に穴が開いてない!本当にし~んと走る。

②道路が無駄に片側四車線もある!

③そして、もうすぐクリスマスだったということ!

 

というわけで、まずはアメリカの代表的な料理を食します。

 

8 (9)

 

マック(笑)

 

もう100回以上食ってるわ!!!!

おやすみなさ~い。

 

 

 

ラストに向けてお願いします!

最後まで読んで頂いて、本当に有難うございます(^^)

よろしければ、こちらの応援クリックもお願いしたいです!

一日一回までクリックできて、クリック数に応じてランキングが上がる仕組みです↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
携帯の方はこちら⇒にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. Max より:

    はじめまして!
    カナダから車で何度か入国したことはあるのですが全然違いますね。
    でも東海岸に寄れなくて残念でしたが無事帰国されて良かったです。

  2. イシイ より:

    こんにちは!初めてコメントさせて頂きます

    とうとうアメリカですね!お二人の喜び&現地の人とのやりとりがとてもリアルに感じられて、まるで一緒にデリカにいるように思える日記でした!
    マックはある意味でアメリカの伝統料理ですよね(笑)

    ラストに向けて、頑張って走り抜けて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">