2013年12月23日 林 季一郎

ブログ読者の方のお宅訪問

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は、ブログ読者の方のお宅にお邪魔しにいってきます。

場所はサンディエゴなので、ロスからは2時間あまり。

ちょっくらぶっ飛ばしてきます♪

 

………………………………………………………………

1000人の夢 ⇒ 「1000人の夢応援企画やってます!」

初めての方はこちらから ⇒【始まりの物語】 【世界一周あらすじ】

ブログランキングも宜しくお願いします(^^)↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
携帯の方はこちら⇒にほんブログ村

………………………………………………………………

 

今日、お邪魔する予定の茂呂さんは、ご主人がアメリカ人なのです。

もともとFacebookとブログを見て頂いていたみらいで

「サンディエゴに来るなら寄ってね~」とメッセージをもらっていました♪

 

ただ、当初はサンディエゴは通り道ではなかったので

またの機会にとなったのですが、ここで一日余裕ができたので

サンディエゴまで顔を出しにきました!

 

では、茂呂家の皆さん登場です~

 

DSCN0350

(左から、自分、たあ君、なお君、奥さんの茂呂さん)

 

昼ごろにお宅に到着。

 

アメリカに入った途端、まわりの車の速度にひきづられ

これまで頑なに守り続けてきた80km/hルールは入国2日目にしてあえなく放棄。

すでに120kmが基本になったので早いんです!

 

まずは、小学校に行ってるなお君のお迎えについていくことに。

アメリカの小学校って興味ありますもんね。

 

DSCN0337

 

校舎の正面入り口。

日本と違って、校庭は校舎の裏にあるみたい。

それだけの違いなのに何だかちょっと近寄りがたい気が..

 

DSCN0338

 

ついでになお君の教室の中を見せてもらいました。

へぇ~そんなに日本と変わらない雰囲気かな?

しかし、驚くべきことが一つありました。

 

このクラスの生徒の写真を見ていて

どうも白人が少ないな~と思ったので、聞いてみました。

 

自分:「このクラスで純粋なアメリカ人ってどれくらいいるんですか?」

 

茂呂さん:「ん~、この子…1人かな。」

 

なぬぬ!!

20人くらいいる子供達のうち

なんと純粋なアメリカ人はたった一人!

 

他はアジア系だったり、アフリカ系だったり

とにかく、みんな肌の色からして全然違うんです。。

こんなことは日本では考えられないですよね?

 

しかも驚くことに、この辺りではこれが普通なのだとか。 。

 

というか、ロスのファミレスでも、店員さんとお客が普通にスペイン語話してましたし

西海岸一体は、本当に色んな人種の人が入り乱れてますね。

 

DSCN0340

(誰かの作文?「明日は雪です。学校は休もう~♪」的な内容。。)

 

家に戻ると、近所の人からのクリスマスクッキーを頂きます。

この時期、アメリカでは手作りクッキーをお互いに送りあうんだとか。

 

DSCN0342

(それにしても甘い!)

 

ここでちょっと面白いことを聞きました。

 

茂呂さんの奥さんの子供たちの教育方針というのがあってですね

それがずばり・・・

 

世界で通用する日本男児を育てること!

 

その一環として、夏休みの度に日本の実家に戻り

そこで子供たちは、普通に日本の学校に通うそうです!

 

そもそもそんなことが可能なのか!

(一応、日本国籍を持っているので可能だそうです。)

 

日本の学校には、アメリカにはない良い所があるそうです。

 

自分:「日本の学校の何がいいんですか?」

 

茂呂さん:

「一つは、子供達が自分で掃除をすることですよね。

こっちでは掃除員の人がやっちゃうから。。

あと、子供たちが自分で歩いて登下校するものいいわね。」

 

治安の心配なアメリカではあり得ないことだとか。

 

ちなみにアメリカの夏休みは2ヶ月以上あるそうです。

でも折角の夏休みも、また学校~??

 

子供たちはどう思ってるんでしょうか。

なお君に聞いてみました。

 

自分:「日本の学校は楽しい?」

なお君:「まぁね。友達もいるからね♪」

 

案外、遊びに行く感覚で楽しんでるそうです。

 

DSCN0347

 

ビュイ~ン!!ガガガガガーー!

 

DSCN0346

 

さすがアメリカ(笑)

たあ君はこれで中学校に通ってるんだとか。

 

DSCN0348

DSCN0349

 

2人とも突然現れたデリカ(車)に興味深々。

 

DSCN0353

 

右ハンドルはやっぱり珍しいからね。

 

DSCN0355

 

なお君がペンをもって何やら書き始めました。

 

DSCN0356

 

むむむ?何だこれ?

なんだか分かりますか?

 

もちろん、上はアメリカの星条旗(こんなんだっけ…笑)

下は我らが日の丸(赤い〇が飛び出てるよ♪)

 

DSCN0357

 

そして上に飛び乗ったアニキのたお君!

 

DSCN0358

 

それを見て飛び乗る弟のなお君!

 

DSCN0361

 

そして、いざGO!笑

 

DSCN0362

 

ぎゃあぁああああ~~~~!!

爆笑する弟と、絶叫するアニキ(笑)

 

DSCN0363

 

なお君はかなり気に入ってくれたみたい。

 

なお君:「運転したいな~!ねぇ!運転させてよ!」

俺:「いやいや、だってまだ運転できないでしょ。」

 

なお君:「いや、できるよ!いつもやってるんだ!」

俺:「いやいやいや(笑)まぁ大きくなったら是非世界一周だね♪」

 

DSCN0365

 

その後、茂呂さん奥さんが僕らを海岸へと連れていってくれました。

 

DSCN0367

 

へぇ~、すごい眺めがいですね♪

手前に、何かデッカイ海鳥いるし。

 

DSCN0372

 

むむむ?

でも、よ~く目をこらすと、岸壁になんかいるぞ・・・

 

DSCN0368

 

なんか黒い謎の生物が・・・

 

DSCN0369

 

 

ギョギョギョ!!!!

まさかのアザラシいた!

しかもめっちゃ(笑)

 

DSCN0379

 

もう普通に街中の海岸をあざらしが埋め尽くしてる。

もともと子供たちの海水浴場として整備したのに

あざらしが増えすぎて、結局彼らに譲ったのだとか(笑)

 

DSCN0374

 

ちなみにこの海岸には普通に人間も入れるのです。

 

DSCN0380

 

え、寝てる(笑)

 

DSCN0381

DSCN0383

 

さらにここにももう一匹。

 

DSCN0384

 

え、おっさんどうした?笑

 

DSCN0387

 

まさかのおっさん、アザラシがうようよしてる海に突っ込んでいったー!!

 

DSCN0388

 

ダッダッダッ!!バシャバシャ!ドッッボーン!

あざらしと一緒に、夜の海に漂うおっさん。

完全にいかれてる。。。笑

 

DSCN0390

 

その後自宅に戻ると

ご近所の日本人の方が来ていました♪

この方もご主人はアメリカ人だそうです。

 

DSCN0410

 

そのまま夕飯をご馳走になりました♪

 

DSCN0406

DSCN0411

 

まさかの寿司&プルコギ!

(もう日本食とか食べ過ぎて、帰っても感動はないだろうな~w)

 

DSCN0396

 

こちらがご主人のモーヴィンさん♪

話を聞いていると、ご主人はルイジアナ州出身。

 

南部ルイジアナと言えば、昔は(今も?)

黒人と白人の対立が凄かった場所ですが

ご主人も若いころは相当苦労されたみたい。

 

当時、人気職の消防士は、完全に白人のみがなれるものだったところ

ご主人たちのグループが猛抗議をして、裁判沙汰に。

ついには、町中を揺るがす大問題に発展。

 

最終的には、ご主人たちが勝訴して、多額の賠償金を獲得。

 

しかし、そのままルイジアナで消防士を続けては身が危ないということで

そのままハワイで仕事についたそうです。

 

本当に歴史の教科書に出てくるような話です。

これがつい数十年前にあったと言われても、どうしても信じられないような気がします。

 

DSCN0417

 

というわけで今日は茂呂さん宅にて泊まらせてもらいます。

おやすみなさ~い。

 

 

ラストに向けてお願いします!

最後まで読んで頂いて、本当に有難うございます(^^)

よろしければ、こちらの応援クリックもお願いしたいです!

一日一回までクリックできて、クリック数に応じてランキングが上がる仕組みです↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
携帯の方はこちら⇒にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. ギモン より:

    「純粋なアメリカ人」の定義ってなんですか?
    コロンブス到達以前から住んでいる人の子孫?
    ピルグリムファーザーズの子孫?
    独立時にアメリカに定住していた人の子孫?

    • 林 季一郎 より:

      コメント有難うございます!

      「純粋なアメリカ人」という言葉で僕が意味していたのは
      いわゆるWASP(白人、アングロサクソン、プロテスタント)でした。

      分かりづらい表現を使ってしまってすみません。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">