2012年9月19日 林 季一郎

【合流日記3】 安藤さん六日目

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホステルをチェックアウト後、9時にデリカで集合。朝食を『ロンリープラネット』でトップチョイスとされていたパン屋さんでとりました。林さん、朝食後もそこに残って葉書を書く平岩さんを残して私はローマ観光へ。彼らは移動していない時間、おもにカフェで過ごしているらしい。世界中のカフェの写真もスライドショーにすればいいのに。ちなみにLOOKのパトロンさんへの葉書を書くのは平岩さんのみ。林さんの字は何だか「まじでやばい」らしい。

サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂を見た後、テルミニ駅から地下鉄に乗りスパーニャ駅で下車、スペイン広場、トレヴィの泉、パンテオンを徒歩で回りましたが、自分の歩く速度を過信してしまい、デリカに戻ると約束した時間に大幅に遅れてしまった……。

昼食後、この日の宿泊先へ連れて行ってもらいました。当初の予定では、私は一人で特急でフィレンツェからローマへ移動し、ホテルへも一人で行くはずだったのにな。雨が降ってきたため午後は観光せず、私はホテルで、林さん、平岩さんは車で夕食まで過ごしました。

LOOKの協賛企業のひとつに「いちなん」という焼肉屋さんがあります。そこの常連で、現在ハンブルクで美容師をしているFさんという方がいます。林さん、平岩さんはハンブルクでFさんに髪を切ってもらったのですが、そのFさんがたまたまローマに遊びに来ており、3人がテルミニ駅の辺りで晩ご飯を食べるのに、私も混ぜてもらいました。

その後Fさんが昼間見付けたティラミス屋さんへ。なぜかスポーツバー風でDJもいました。

絶対に出会えなかったはずなのに、LOOKを支援したことで出会えた林さん、平岩さん、 彼らを通じて出会えたTさん、Fさん。これこそマーク・グラノヴェッターがいうところの「弱い紐帯の強さ」ではないだろうか。このネットワークがなければ、おいしいティラミスの情報も得られなかったのだし。などと考える。

Fさんは若いのになぜか老成した雰囲気。林さん、平岩さんはハンブルク滞在中に聞いたという、Fさんの壮絶な半生について私も聞かせてもらう。私もつい、夫や親友にしか話していない個人的なことまで話してしまう。Fさんにはご実家の美容院も教えてもらいました。これで私は長い「美容院ジプシー」に終止符を打てるでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">