2012年9月15日 林 季一郎

【合流日記3】 安藤さん二日目

このエントリーをはてなブックマークに追加

午前7時にホテルで朝食をとった後、まだ人通りの少ないヴィットリオ・エマヌエーレ2世のガッレリアへ。人目を気にしつつ、床の雄牛のモザイクの上でくるくる回った後(子宝に恵まれるらしい)、ブレラ絵画館(ラファエッロの『聖母マリアの結婚』、マンテーニャの『死せるキリスト』などで有名)へ。運良く日本人観光客の一団がおり、有料のオーディオガイドを借りなくても日本人ガイドさんから絵画についての詳しい解説を聞くことができました。ホテルをチェックアウトした後、荷物を預け、ドゥオーモ価格の(=高い)パニーニの昼食。

午後1時、とうとうデリカに乗車。スライドショーの写真は、iPadをダッシュボードに載せ、一枚一枚手でシャッターを切って撮っているのを知って驚きました。イケメンでいかにもリア充な若い男の子たちと話なんか合わないと思っていたけれど、平岩さんとは映画が好きという共通点があることがわかり盛りあがる。盛りあがったけれど結局、映画の趣味は合わないことがわかりました。

ミラノを後にして約3時間でバイオリンの町、クレモナへ。これは車がなければ行きづらいところ、この旅ならではの訪問先といえましょう。市立博物館とストラディヴァリアーノ博物館を見学。いずれにもイタリア語の解説しかなく、ほとんどわからなかったのが残念。

平岩さんはバイオリンを習ったことがあり、クレモナ訪問を楽しみにしていたのだけれど、職人によるバイオリン製作を見られるわけではないことがわかってテンションが下がっていました。

午後8時を回った頃、ヴェネツィア市に到着。林さん、平岩さんがベルリンで会ったという日本人バックパッカー、Tさんが同地におられたので会いに行きました。Tさんには初対面にもかかわらず夕食(Tさんが見付けてきたおいしい中華料理)をご馳走になり、午前1時半過ぎまで話し込んでしまった。Tさんが泊まっていたホステルに私も宿泊。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">